読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リック&きいちゃんの腎臓病日記

生まれつき腎臓病をかかえた兄リックと、妹きいちゃんの今までの闘病記録と現在の治療や日々の出来事を書いていきます。

移植した腎臓を守るために気をつけていること

リックが腎臓移植をした時に初めて知ったことなんですが、移植した腎臓は一生機能し続けるわけではないと言うことです。

移植した腎臓を少しでも長く機能させるためには、いくつか注意しなければならない点があります。

その中で最も大切なことが、免疫抑制剤を飲むことを忘れないということです。

f:id:jinzoubyou-nikki:20170316214238j:plain

移植した腎臓を失う最も多い原因が、免疫抑制剤の服用を自己判断でやめてしまい、拒絶反応で移植した腎臓をダメにしてしまうことだそうです。

移植した腎臓と言うのは、もとから体の中にある物ではないので、体の方は移植した腎臓を異物とみなして攻撃します。

その攻撃が拒絶反応です。

免疫抑制剤は、免疫の攻撃力を落として移植した腎臓を保護します。

拒絶反応を防ぐためにも、免疫抑制剤の服用は最も大切なことです!

正直、リックもきいちゃんも薬の飲み忘れは何度かあります。

でも、なるべく薬の飲み忘れをしないように気をつけさせていますし、親の僕たちも気をつけるようにしています。

 

頂いた腎臓は命の贈り物です。

感謝の気持ちを忘れず、少しでも長く機能させることが恩返しになるのだと思います。