リック&きいちゃんの腎臓病日記

生まれつき腎臓病をかかえた兄リックと、妹きいちゃんの今までの闘病記録と現在の治療や日々の出来事を書いていきます。

腎臓を守るために

今月の定期検査の結果は・・・

リックときいちゃんの定期検査の結果がでました。 気になる今回の結果は・・・ リックの結果 クレアチニン:1.16BUN:14.0シスタチン-C:1.30尿たんぱく:(1+)尿潜血:(-) きいちゃんの結果 クレアチニン:0.95BUN:11.8シスタチン-C:1.01…

気温34℃!体の水分が・・・

今日は炎天下の下、一日中、野球の試合のお手伝いです。最高気温が34℃を記録する中、ず~っと朝から駐車場係です。 滝のような汗がとまりません。そのせいか、午前中は一度もトイレに行きませんでした。汗で体の水分が抜け出てしまい、尿にまで水分が回り…

薬を増やすと不安も増えます・・・

腎臓病と同時にナルコレプシーの治療もしているきいちゃん。 先日の秋田大学病院の診察で、脱力発作を止める薬を増量することにしました。 今飲んでいる脱力発作を止める薬は、免疫抑制剤の効果を強めてしまう可能性がある薬です。去年の夏に東京女子医大に…

暑さでのぼせそうです

たしか梅雨入りしたはずですが・・・ 梅雨入りが発表されてからの数日間、まったく雨は降りません。日差しが強く、真夏のような暑さです。 こうも暑いと、汗が止まらず、体の中の水分が不足します。そうなると、血液もドロドロになり、腎機能に負担を与えて…

危うく薬を飲み忘れるところでした

きいちゃん昨夜は早めに寝ましたが・・・ そういえば薬飲んだっけ? ふと気になってピルケースを見ると・・・やっぱり薬を飲み忘れてる! 急いできいちゃんをたたき起こし、薬を飲ませました。 薬の飲み忘れだけは、十分に気を付けてほしいです!

カゼは腎臓病の大敵です

最近の気温の上がり下がりに体が対応できず、きいちゃんとボクはカゼをひいてしまいました。 二人ともノドをやられてしまって、声がガサガサです。ただ、熱が出ないのが幸いです。 熱を出してしまうと、腎臓にダメージを与える危険性があります。 「熱を1回…

熱中症になりかけていたのかもしれません

昨日は涼しかったのですが・・・体は、ひたすらにだるかったです。 思えば、その前の日は30℃車を運転していても頭がボーっとしてきました。 エアコンを強くして、水分を補給しましたが・・・症状は、あまり改善しませんでした。 時季外れの暑さに体が対応…

透析のころの水分制限

リックが腹膜透析をしていたころ、1日の水分摂取量の上限は500mlでした。ペットボトル1本分です。 当時は、まだ保育園児だったので、本当に辛かったと思います。でも、本人も自分の体のことを考えて、我慢していました。よくがんばったと思います。 …

いくら休みとはいえ・・・

休みの日くらいはノンビリと寝てたい気持ちは分かります。 でも、いくら何でもノンビリにもほどがあります。 寝坊をするれば、それだけ薬を飲む時間が遅くなります。大きく影響はないと思いますが、それでもコッチとしては心配です。 せめて、一度は起きてき…

今日は定期検査の日

今日は、リックときいちゃんの定期検査の日です。 二人とも、体調は良いので問題はないと思いますが・・・ 前回、尿の中にタンパクが混じっていたリックの検査結果が気になります。 検査結果が出るのは、来月の定期受診の時になります。

水分不足は腎臓の大敵です

この時期とは思えないような暑い日が続いています。 暑いと汗を大量にかきますが・・・暑くて汗をかく時こそ、十分に水分を補給しないと腎臓にダメージを与えてしまいます。 汗をかくと当然ながら、体の水分が抜けていきます。そうすると、血液からも水分が…

薬の飲み忘れが起きるとき

免疫抑制剤を飲み忘れるときにはパターンがあります。 簡単に言うと、日常の生活と生活のリズムが変わった時です。 たとえば、家にお客さんが訪れてきたり、外食をしたり、旅行をしたりなどです。 いつもは生活のパターンで薬を飲んでいたものが、そのような…

災害に備えて免疫抑制剤の備蓄

北朝鮮がミサイルの発射実験を行いました。 こんなニュースを聞くとザワザワします。 戦争が災害など、日常生活が破壊されるとリックやきいちゃんを含め、障害や病気を持った人達は、とたんに生命危険にさらされます。 まず、病院が正常に機能しなくなります…

免疫抑制剤の効力

リックもきいちゃんも、一時期、手や足にイボが大量に発生しました。 イボというのは、実は細菌性の皮膚感染症の一種なのです。 いろいろな治療を試みましたが、一向に治る気配はなし! そこで、最終手段ではないのですが、免疫抑制剤を別な種類に変えること…

薬の飲み忘れには注意しましょう!

「行ってきます!」と元気に学校へ向かったリックさん。 事件は、その直後に置きました・・・ 「薬飲んでないよ!」母の一声! 慌てて、リックの携帯電話に連絡するも応答なし! 仕方がないので、僕が車で追いかけることに・・・ 車の中で電話をかけ続けるも…

塩分は控えめに・・・

腎臓を保護するためには、塩分は大敵です。 腎機能が低下してきのなら、なおさらです。 塩分は、とりすぎると、ご存じのとおり高血圧を招きます。腎臓には血圧をコントロールする働きがありますが、腎機能が低下すると、その機能も低下してしまい高血圧にな…

移植した腎臓を守るためには水がかかせません

移植した腎臓を守るために、免疫抑制剤を飲み忘れないということの他に医師から指示されているのが水を毎日2ℓ以上飲むということです。これは、水分を多く採ることで、血液をサラサラにし、腎臓への負担をやわらげるためです。でも、これはリックもきいちゃ…